• 木. 4月 18th, 2024

NFTに求められることの変化

Bykojo

5月 1, 2023 #set a light 3D

投稿日:2023年5月1日 最終更新日:2023年5月1日 記事制作:kojo

NFTを投機的に考える時代から、変化した。それはAi作画の登場による変化です。誰でも簡単に好みの画像を、プロンプトを工夫したり引用したりしながら手に入れることができる様になりました。誰かにイラスト作成を依頼したり、誰かのNFTを手に入れる様な必要は無くなってしまった様に見えます。

真の発行者による画像であることの証明済みデーター

NFT(ノン・ファンジブル・トークン)での画像データーは発行元の承認済み映像です。プロフィールとしてNFTを使うことのできるツイッターでは、サブスク登録してワレット登録すると(メタマスク)プロフィール画像をNFTにすることができます。ちょっとしたコツとコストが掛かるので、まだまだ自分のプロフィールを自画像NFTにしている人は見かけません。私は早速自画像をNFT化して利用しています。

画像データーの撮影

個人のブランディングが大切な時代になりました。経験や知識で、自分自身のアイデンティティを表現します。日々の発信や、生き方の開示がファンを呼び込みます。その中で表される人間性が繋がって社会に貢献できる体験ができるのです。そのために、動画や写真や、音楽や、イラストなどで短く自分自身を表現できる素材を持つかが重要になります。

綺麗なNFTよりも思い通りのAi生成

思い通りのAi作画をするなら、set a light 3Dを使って参照データーを作り、プロンプトを参照して作り込むのが一番早いことに気づきました。

例えばオフィスのイメージが欲しいとして、PC上の空間でモデルを配置して次の様なデーターを作りました。テーブルをおいたり人物を配置したり簡単に作ります。

緑が多いオフィスなど英語翻訳サイトで思いつく内容を英語に変更してプロンプトにイメージを書き込みます。

何毎も作る中で、気にいるイラストが出来上がる速さが早いのです。言葉だけでこの上葉を作り出すことはとても大変です。そのためにこのソフトは使える、有能はソフトウエアです。

購入時には割引コードを入力してください。割引されます。

お試し無料ダウンロードをしてPCとの相性もご確認の上導入をお勧めします。WindowsかMac用を選んでダウンロードできます。サイトは英語ですが、ソフトは日本語対応しています。

PAGE TOP