• 木. 4月 18th, 2024

趣味のアウトプットで考える企業広告の考え方

Bykojo

9月 21, 2023

投稿日:2023年9月21日 最終更新日:2023年9月21日 記事制作:kojo

私たちは全て様々な趣味を持っています。これらの趣味は私たちの日常に楽しみを提供し、人生のストレスから一時的に逃れるための避難所となります。しかし、趣味についてアウトプットすること、つまり自分の経験や学びを他人と共有することは、多くの人にとって新たな挑戦かもしれません。この記事では、趣味についてアウトプットすることがもたらす人生の利点について考察します。ひいては、それが企業広告となり、集客までつなげるネット集客方法の練習となります。

1. 自己理解の深化

自分の趣味について書く、話す、または教えることは、自分自身の理解を深めるのに非常に効果的です。アウトプットすることで、自分が何を知っていて、何をまだ理解していないのかを明確に理解できます。また、自分の考えを他人に伝える能力を高めることができます。この工程では、その情報を必要としている顧客について考える一歩となるでしょう。どんな言葉でどんな疑問を検索欄や生成Aiに打ち込むのでしょうか。音楽を演奏したい人なら、その楽器の名前、レベルや知りたい情報、コツや技術、どんな方法で学びたいかなどを入力することになります。自己理解は他者理解のスタートです。

2. コミュニケーションスキルの向上

自分の趣味についてアウトプットすることは、コミュニケーションスキルを高める絶好の機会です。他人に自分の考えを伝えるためには、明確で理解しやすいコミュニケーションが必要です。これは、ビジネスや個人生活における他のアスペクトにおいても役立つ重要なスキルです。アウトプットの種類は、文章、写真、動画、音声などの方法があります。しっかりとした構造の文章は読み手に安心感を与えます。

3. 自信の向上

自分の趣味について知識を共有することは、自信を育てるのに助けとなります。自分の知識や経験を他人と共有することで、自分自身の能力を認識し、アウトプットをできたことによる自己効力感を高めることができます。自分のメディアを持つことは、これからの社会では必要です。このメディアを使うと、自分が考えたサービスを世の中に発表することができます。

4. コミュニティの形成

趣味についてアウトプットすることは、同じ趣味を持つ人々とつながるための絶好の方法です。ブログを書いたり、YouTubeチャンネルを始めたり、または趣味に関連するイベントに参加したりすることで、新たな友人やメンターを見つけることができます。企業広告でも同じように人を集めることが重要です。それも密な関係性を構築したいと考えます。密度の低い輪の中の濃い輪の中にお客様がいます。

5. キャリアの可能性

最後に、趣味についてアウトプットすることは、新たなキャリアの扉を開く可能性があります。自分の趣味についてのブログやYouTubeチャンネルが人気を博すと、それが新たな収入源になる可能性があります。また、自分の趣味に関連する業界での仕事を見つけるのに役立つかもしれません。人生における様々な挑戦を記事にして、人に見てもらうことで広告収入が得られます。大きく分けると2つあります。インターネット業界の最大手、googleの広告とA8やもしもアフィリエイト、バリューコマースやアクセストレードなどのアフィリエイト広告などがあります。

結論

趣味は、私たちの生活を豊かで楽しいものにするための重要な要素です。しかし、趣味についてアウトプットすることで、それはただの楽しみから、自己啓発、コミュニケーション、自己表現、そしてさらにはキャリアの機会へと進化します。

企業活動にとっての趣味は、本業そのものです。プロフェッショナルの趣味は遊びではありません。ものづくりも、サービスの提供も本気で行います。ですから、その業務内容に関心のある人を惹きつける記事広告が必要です。基本的に人は広告宣伝を嫌います。なるべく見ないで避けています。世の中にはあまりにも情報が溢れていてるので、内容を見ることもなく進んでいます。それを興味を持って見てもらう為にどんな施策を施すのかが重要なのです。

その為には先ずレンタルサーバーを契約しましょう。小規模事業者はホームページ制作は自ら行いましょう。ホームページを日々改善し、顧客の関心に触れること、情報を発信し続けることが大切だからです。ホームページのお得な開設についての記事はこちらよりご覧ください。

どんな協力者が必要なのでしょうか?

客観的な相談者と言えます。顧客との温度差があるからです。客観的に分析してもらい、その宣伝の方向性を一緒に考えます。私自身は写真と映像が趣味です。さらに今はNFTを過ぎて、生成Aiの時代です。一つの技術ではなく、複数のツールを利用して映像を作り出すことに価値を探求しています。そんな私の企業広告用の宣伝をすると想定して宣伝ツールを作ってみます。

Ai生成で作った画像からキャラクターを選出します。

この画像は「Sea art」で作りました。ちょっとセクシーすぎるので顔だけ利用してオフィスにふさわしい宣伝用の画像をフォトショップで作りました。

服装もオフィスも、唇も直しました。そして背景のボケ具合など調整して一眼レフで撮ったような写真に仕上げました。

私の活動は写真と動画、Aiを始めとした様々なツールの活用でネットで注目されるコンテンツを作ることです。

「映像とテクノロジーの融合」

次に顧客のベネフィットについて考えてみます。

私と一緒に仕事をすると、インタビューしてくれて色々とキーワードを見つけてくれます。そして写真と動画を撮影編集してくれて、記事を作成してくれます。どんなキーワードで上位表示させたいのか一緒に考えて行動します。

「魅力を形にする」

こうして作ってみると、一枚の写真だけじゃなくてもっともっと素材が欲しいと感じます。撮影は定期的に行いましょう。そして情報は発信し続けます。全てを丸投げして作らせることができなくて困ってスマホ撮影でSNS投稿だけしている小規模事業者はドメインを取得してホームページに記事を入れていきましょう。きっと素晴らしい体験ができます。

Contents

PAGE TOP