• 日. 2月 25th, 2024

事業で写真撮影を始めるならSet a light 3Dがおすすめな理由

Bykojo

6月 5, 2023

投稿日:2023年6月5日 最終更新日:2023年6月5日 記事制作:kojo

撮影が誰のためのサービスで、どれくらいのスペースが必要なのかを判断する材料になります。実際の撮影をイメージしてスタジオ設備を設置して擬似的に撮影体験ができます。また、機材の導入時期を考えることでコスト計画も建てられます。カメラ、ストロボ機材、編集用PCなど一度に揃えると高価なものです。また、撮影技術の習得も必要です。ストロボの設置、設定でどんな写真が撮れるのか事前にシュミレーションしておくといいでしょう。

set a light 3Dがおすすめな理由

WindowsやMacならPC上で撮影をシュミレーションできます。

1.撮影方法の学習:コミュニティでの情報収集や体験ができます。カテゴリー「Still Life/Product」で検索することができます。そしてデーターをダウンロードすればどんな撮影環境か確認できます。撮影もできます。

2.記録:本や参考例を真似た上で自分なりに変更して、それを記録しておくことができます。出来上がりの写真と、セッティングを上からの図と俯瞰図で記録することができます。

3.写真教育:スタッフに撮影内容を的確に伝えることができます。ストロボ光は瞬間光なので説明するのが難しいのです。なぜ、そうなのか図として説明したり、PC上でその効果を変化させながら説明することができるのです。

4.機材の導入計画:必要最低限な機材から始められます。その時の写真の出来上がりも想定可能な点が最大の利点です。

5.店舗レイアウトのイメージ作成:どれくらいのスペースを店舗設計、事務所設計で必要なのか建設会社にアピールすることができます。工務店は似た様な写真スタジオの例を提示したり、ストロボメーカーに相談したりすることが多いです。撮影を考えて施工主から提案できればコスト面の管理もしやすくなります。

以上五つの観点からしュミレーションソフトであるset a light 3Dをお勧めします。

日本語対応公式ホームページはこちらです。15日間無料のお試しダウンロードで基本性能をお試しいただけます。ポートレートから物撮り、建築物までさまざまなプレインストールされている小物類を使ってのシュチエーション撮影が可能です。

set.a.light 3D - for Photographers

日本語対応公式ホームページはこちらです:https://www.elixxier.com/ja/set-a-light-3d/

ターゲット

誰に向けての商品を作るのか、明確にすることが重要です。写真を台紙に入れて販売することも、アルバム形式にして販売することもそれを望む客層に向けた商品なのです。客層の趣味や嗜好は日々変化します。たとえばカメラ目線の写真より、目線が来ていない写真を選ぶ傾向は現代風だと言えます。日々雑誌やメディアで取り上げられる写真をみて空気感を感じておく必要があります。ただ、服や髪型と同じ様に流行は時代の変化を端的に表現します。ちょっと前の写真がすごく前の写真に感じることが起こります。型物の昔ながらの着物の写真はいつも変わらない存在です。お客様、顧客の求める最善の写真表現を考えるには写真撮影技術の習得が不可欠です。

スキル

一から写真学校に通って撮影技術を習得するか、今注目のset a light 3Dというシュミレーションソフトで学び、記録し活用するのかを選択することになります。

私のおすすめは、set a light 3Dでのシュミレーションです。理由はそのスピード感です。自由にソフトを利用して撮影をしてみて、そのための機材を量販店で購入するのがいいでしょう。15日間無料で使えるソフトのダウンロードがおすすめです。記録画像に透かしが入るのですが、全ての機能をお試しできます。もっと使い方を知りたい場合は下記のホームページにて詳しく解説しています。

あなたはもう高い授業料を払ってストロボライティングを勉強する必要はありません!

記事より公式ページをご覧になりたい方は下記よりご覧いただけます。

日本語対応公式ホームページはこちらです:https://www.elixxier.com/ja/set-a-light-3d/

set.a.light 3D - for Photographers

機材

上記のソフトでは、さまざまな撮影現場の情報を共有してもらえます。人物撮影も物撮りも、情報が共有されています。そういった情報に興味を持っても、写真集や教則本ならみて覚えるだけですが、ソフトで学習するとそのセットを体験することができるのが最大の特徴です。また、本や雑誌で紹介されている撮影を再現することもできます。その際、カメラの撮影範囲や写り方から機材の選定もできます。たくさん必要な機材を絞り込んだり、レフ板を利用して機材コストを抑えたりそんな思索が可能になります。この流れが重要です。どんどん情報に目がいき、情報が入ってくる様になります。

マーケティング

どんな商品を欲する顧客に提供できるか考えることが重要です。いいものを作ったから売れるというより、顧客にどうしたら成功体験を与えられるかを考えます。マーケットは既存マーケットと潜在マーケットに分けます。既存マーケットにはすでに多くの競合が存在します。強者の選択なら、既存マーケットも狙えるでしょうが、弱者なら潜在マーケットを狙います。ちょっとずらしたマーケット選択です。たとえば、家族の使った振袖のリメイクと写真撮影をする人たちをターゲットにしたり、あえて振袖を着ない成人式写真を提案してみたり。そもそも、成人式ではなく、社会人デビューの節目の写真撮影や、夢や希望を語る肖像動画撮影スタジオなどアイデアは無数にあります。

クーポンコードの利用でお得にゲット

ぜひクーポンコードを使ってください。私はこのソフトが大好きで日本語化のお手伝いをさせていただきました。まだまだ誤訳もあるのが現状です。次回のアップデートでは訂正される様に働きかけています。その関係でクーポンコードを発行してもらいました。セール期間中も使えます。

写真はデーターで渡す時代です。撮影してフォトショップで現像してJpeg画像にします。それをアップロードしてサイト上でアクセスしてもらえる形がいいと考えます。誰でも業務に撮影を取り入れる時代。何から始めるのか迷っているなら、このソフトウエアから始めてみましょう。

Contents

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP