• 木. 5月 30th, 2024

【大企業vs個人】時代を生き抜く戦略

Bykojo

6月 20, 2023

投稿日:2023年6月20日 最終更新日:2023年12月7日 記事制作:kojo

大企業で働き続ける選択か、個人で生き抜くかが人生の問題だ。重要なのはそう一度仮定してみること。そうしなければ先に進まない。全く異なる戦略を取る必要があるからだ。自分の適性を熟知した上で人生をかけて選択することになる。生活環境によって変化もする。人生は山と谷からできている。山では谷のことを想い、谷では山のことを考える。

大きめ会社のいいところ

社長がサラッとしている。金融機関から資金を調達して回転している感じ。社員のみていない部分でのお金のやり取りを中心に仕事をしている感じ。正直それほど大きな会社に勤めることなく、人生を終えようしている。ほとんどが中小企業だから。大手企業の関連企業を大手に含めなければ尚更そんなもの。ちっちゃな会社の社長は、個性の塊。細かなことまで口を挟む。大き目会社はそんなに細かな指示をしない。その代わり中間管理職のやる気が厄介。信じられるかどうか。

小さめの会社

とにかく個性的な社長の経験と感で動いているシステム。アットホームという名の連帯感を強制される。なるべく早く学べる点は吸収、学習して会社を変えるのがお勧め。会社にはゴーイングコンサーンという命題があり、収益を継続的に作り出すことが必要だが社会変化に対応できなければ寿命が尽きる。いつも新しい価値観に挑戦する社員を排出し続けなけらばならない。成功している社長の共通点は、「が、は、は」と大きな声で笑うところ。いいことも悪いことも、笑いすかして乗り越えるバイタリィティがある。お気に入りの社員になれるかどうかが鍵となる。

個人事業主のいいところ

自分の好きな様に得意なことに値付けして販売する。商品にはサービスと商材がある。他社の代わりに作業することで他社の生活が満たされる行為がサービスとなる。他社の欲求を満たす品物を販売することもできる。安く仕入れて高く売れればその差額が利益になる。一般的には原価の3倍の値付けをする。1000円で仕入れたら、3000円で売る。その差額が販売手数料だ。もしも想定売価で売れなくても、半額セールで2000円で売っても利益が出せる。それ以下なら処分する。サービスを商品にするなら、根拠を持って説明のつく範囲で値付けする。集客に時間がかかる。どんな活動をしているかをホームページで紹介して、そこへの導線を考える。

最初の行動

ホームページのドメインを取得する。顧客はグーグル検索で、便利なものの情報を得たり、問題解決しようとする。ドメインはレンタルサーバーの契約としっしょにすると一つは無料で使えることが多い。私は2つレンタルサーバーを契約している。自分らしい、

ドメインをとって自分をアピールしよう

自分の紹介、販売したいサービス名や、顧客の欲求を満たす検索ワードを満たす名前を基本に考える。その名前が使用可能かを確認する。最初にこのドメイン名を取得することから考えるといい。計画を具体化させる力になるから。

取り扱い400種類以上のドメイン取得サービス─ムームードメイン─

レンタルサーバーも色々ある。

おすすめは2つ。どちらも私が使っているおすすめサーバー。

ドメイン取得とレンタルサーバー契約をしてホームページを始る。最初のデザインは無料のテンプレート。好きなデザインが見つかったら有料契約する。有料契約すると愛着が湧いたり使いこなそうとする気持ちが上がる。

なりたい自分であるために

発信するなら、自分のホームページがいい。メインの固定ページと検索から見つけてもらう記事を分けて作っていく。写真も動画も作りたい。文章も必要だ。そのためにさまざまな記事や本を読んで勉強するといい。自分の好きな分野の本を読んで、それに関する意見を述べる場所があることが重要。アウトプットの場所を得ると、インプットの精度が上がるのだ。自己投資として始めるブログ作成については思いついたら書いている。やはり、何度考えてもブログ作成は素晴らしい。有意義な記事を書いて、みてもらえる機会が増えれば書くモチベーションも上がるのだ。写真や動画撮影や編集で思いを伝えることは副業にもなる。Ai技術が進化し続ける中で、どんなポジションを取っていくことに意味があるのかを考えてもやはり、ブログを運営することの重要性が高い。

Contents

PAGE TOP