• 日. 6月 23rd, 2024

自分にとってのNFTを再定義することで意味を持たせる

Bykojo

8月 16, 2022 #NFT

投稿日:2022年8月16日 最終更新日:2022年8月17日 記事制作:kojo

自分にとってのNFTを再定義することで意味を持たせる

NFTとは

Non Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)のことで

非代替性トークンといった意味合いになる

イーサリアムという仮想通貨のブロックチェーン技術と関連付けたデジタルデーターの

取引履歴と再販時の作者への利益配分を構造的に持つデーター

そのNFTを発行することを簡単にするのは

OpenSeaという最大級のマーケットプレイス

このサイトに

メタマスクというウォレットアプリを連携させてログイン

自分のデーターでNFTを作成できる

最初のNFT作成時にガス代という手数料が発生する

比較的高額で私がミントした2022.2月ごろで約九千円くらいの記憶

2回目からはかからない

他に自身でトークンを作る独自ドメインもあるが

私はちょっと調べてみたけど

これには参加しないことを決めた

理由は二つ

勉強してできるまでの時間をかけたくないしできるかどうか確信が持てないから

できたものが独自ドメインである必要性に価値が見出せなかったから

私にとってのNFTをすることの価値

自分で作った画像の所有権の明確化

ネット上に出すデジタルデーターは簡単にコピーできます

自分のデーターとしてNFTを出しておくことは

同じような作品も含めて所有権を主張する材料になります

イーサリアムの獲得

もしもそのNFTが売れれば

イーサリアムを獲得することができます

暗号資産に円を使って資産移転しなくとも

暗号通貨を暗号通貨のまま獲得することができるのです

マーケットは世界的なので

どんな価値観で売れるのかわかりません

チャンスがあるということです

画像制作の手法が学べる

たくさんの作品を作る中で

その制作方法が学べます

3Dだったりジェネラティブだったり

やり方はネットに載っているから

調べながらどんどんやってみましょう

他人の物語にのめり込まないこと

長期的に見た自分のために

NFTを展開することが望ましい

NFTを買って

転売して儲けようと思うと

割に合わないと思っている

なぜならそれは

自己投資ではないからだ

基本的にNFTは

ただのデジタルデータに過ぎない

過信は禁物で

価格が上がり続けると言うのはそれを持っているホルダーの

将来的な価値創造の物語に過ぎない

価値がある、価値があると何度もアピールする

もう一度言う

それはただのデジタルデータだ

複製だってどんどんできてしまうのが現状

自分の作品だと主張することができるけれども

世界に対してそれを争って権利を獲得するほどのものでもない

みんなで

アートの世界をごちゃごちゃと楽しんでいる

そんな感じだ

だから決して

自分で稼いだ日ごろの収入を

こういったNFT投資に回すべきではない

NFTは得るのが難しいのだ

手放さなければ価格は確定しているが

チキンレースのように

次の買い手がいつ途絶えるのかと

不安に立ち向かうこととなる

自分にとってのNFTを見失わないことが大切なのだ

暗号通貨の供給会社が描くNFT

暗号通貨を長期間持ってもらうことが重要になります

理由は

暗号通貨を買って価格が上がってすぐに売られたら

暗号通貨が安定しないからです

少しでも長い間通常の市場通貨に変えられないことを望むのです

NFT化していれば

その供給量分の暗号通貨がその場に止まることになります

NFTは売れるまで通貨の価値をストップします

相当有名で価値のあると言われるNFTは高いですし

その後もっと高い価格で売れるとも限りません

安いものが高く売れる可能性も低いでしょう

Contents

PAGE TOP