• 水. 7月 24th, 2024

映像制作の未来像:AIとヒューマニズムの先にあるデジタルルネッサンスをどう仮定するか2023

Bykojo

3月 9, 2023 #AI

投稿日:2023年3月9日 最終更新日:2023年3月9日 記事制作:kojo

「未来の映像制作って、すごいんだよ!コンピューターがすごく賢くなって、自分で映像を作れるようになったんだ。でも、大切なのは人間の感性やアイデアなんだ。だから、映像を作るときには、コンピューターと一緒に考えるんだよ。人間が作ったアイデアをコンピューターが形にしてくれるから、もっとすごい映像を作ることができるんだ。未来の映像制作は、コンピューターと人間が一緒になって、もっとクリエイティブになるんだ!」written by ChatGPT

デジタル時代の映像制作におけるAIとヒューマニズムの役割

 目の前で起こっている事実を映像化して、編集して映像を作成する時代もありました。映画産業でのCG(コンピューターグラフィックス)で再現される新しい世界にワクワクした時代もありました。今後は誰でもクリエーターになれる時代です。AIが本格的に始動し始めました。一年前には考えられないクオリティーです。人は新しいものが好きです。でも同じように古いものも好きです。人間は純粋に単純なので、しかも複雑なので評価する基準が絶え間なく変化します。どんな人の、どんな気分の時にフィットする映像なのか、個別に届けられる映像を多種多様に作成する必要があります。人間らしさといったテイストが唯一、人類が共有できる要素なのかもしれません。もちろん、住んでいる場所の気候や食事、生活スタイルや歴史も影響します。人は結局人間味のある事が好きなのです。

AIの進化がもたらす映像制作の革新

 映像案をAIが作って、製作者が選んでより正確に形作る作業を進めます。ペルソナの設定以上の感覚で視聴層を細分化する必要があります。年齢、職種、収入、家族構成など、従来からの基準に加えて、季節や気分、試聴時間帯、精神状態、睡眠時間、食事量、などより細分化して考えるべきです。同じ人でも、気分にムラがあります。今まではそれらの平均化した部分の大量の視聴者に対しての映像でしたが、今後はもっときめ細かい配慮のされた映像が必要です。そのためにはコストをかけて一本作るコマーシャル映像ではなく、個々の見る映像の傾向や関連した内容と記事を伴った複合的なアプローチが大切です。AIをしっかりと使いこなせればたくさんの映像試作の作成からシナリオ制作など効率化できます。最初に最終形を確認した上で、作業を開始できるのです。

ヒューマニズムの重要性が増す映像制作の未来

 ロボット主人公なら、石ころにつまずいたり、木に頭をぶつけたりする絵なら共感や感情移入ができます。AIが作る映像や文章に人間らしさを加えることは、親近感のある画像を作るコツです。視聴者に同じ様に考えらるステージを用意し、そこに招待し、主人公と同じ問題に共感してもらい、解決する喜びを共有します。男女がステージにいるなら、恋愛が気になります。ステージに親子がいれば、自分の親子関係と比べながら感情移入します。AIが作る人口的なものを感じ取る嗅覚があるのは人間が人間たる理由です。AIが作った映像や文章に、人間らしさを融合させるのが人間です。

デジタルルネッサンスの到来に向けて必要なスキルとマインドセット

 絵を描く、写真を撮る、音楽を作る、料理を作る、服をデザインする、住宅をデザインする。たくさんのクリエーターがいます。彼らはその時代時代で、最先端の技術をいち早く取り入れて新しい表現法を確立してそれを長い間守り繋げていった人々です。それが文化になり、歴史になったのです。舞台芸術も楽器製作者も同様です。これからは、自分の好きを極めている人が、AIの力を借りてスピード感を持ってさまざまなその分野の試作品を作成することができます。そしてその中から、選んだものに自分のセンスをプラスして作品を作るのです。

デジタルテクノロジーが拓く映像制作の可能性

 最近の映像を変えた、デジタルテクノロジーはドローンでした。気軽に高所からの映像が加えることができました。そしてもう一つは360度カメラであったり、双眼レンズを備えたVR用映像が撮れるカメラです。ヘッドセットをかけて臨場感のある画像を楽しめるようになりました。ゲームの世界はもっと進んでいて、かなり臨場感のある空間が作成されています。仮想空間はまだまだ発展途上の分野です。今後それらがより密接に作用した空間が出現します。そしてそこにいるアバターもAIで行動や容姿が管理されたものになるでしょう。そしてその中に本物の人間もアバターを作るか、借りるかして参加するようになります。人間のアバターは操作時の言動をもとに、AI処理され参加していない時も分身としてその空間で動き回ります。何人かの別のアバターとAIでの自動操縦で友達になり、新しい仕事の依頼を受けているかもしれません。メールをチェックするかのように、人間はそこに参加するのです。

set.a.light 3D - for Photographers

AIとヒューマニズムの融合による新しい映像制作の概念

 映像は「百聞は一見にしかず」的に、ダイレクトに人の目に届きます。目は脳に直結しているので脳にダイレクトアクセスしているといっても過言ではありません。考える前に脳に作用します。言葉にならない状態です。なんとなく、快とか不快とか、なんとも思わないとか。人間の意識は、安全を確保する目的上、集中と分散を上手にコントロールしています。ひとつの映像に目を奪われてしまえば、他が見えなくなって命を落とします。分散状況で全体を見渡し、パッと集中して危険を回避して、また分散します。AIで五感(聴覚、視覚、嗅覚、味覚、触覚)に訴求する映像を、短く表現するためにどう人間らしさを取り込んでいくのかが鍵です。人間らしさをよくわかっている人材の獲得は、デジタル産業に求められる人材の逆みたいな発想なので、採用は大変です。

映像制作の未来に向けた挑戦と展望

 たくさんのテレビマンが会社を退職して独立しています。独立開業を促す国の機関で働いている人も結構芸能プロダクションを退社した人や映像関係の人がいました。(感染症前2020年頃の体験談)映像は誰でも作れる時代。みなさんがカメラをいつも持ち歩いています。ちょっとした悪ふざけも、誰かが映像を撮影してネットにアップロードすればたちまち大騒ぎになります。

 映像もAIも芸術もどこかで、その価値に気づいてくれる人の為のものです。そしてとても真面目なものです。ファクトチェックやコンプライアンス的感覚が重要です。人間回帰は歴史的に見れば大衆の呼び込みを目的に使われてきた手法です。新しい種類の映像は、リアリズムか抽象か、それともシューリアリズムか宗教画か、そのミックスか。秩序的な混沌。まるで村上春樹さんの小説の中のような、空間が広がっていくのだと思うのです。(羊をめぐる冒険の塀の中のイメージです。自分と影の話とかがパラレル的に展開するストーリーです)

 「将来VR空間のたくさんのアバターが見てくれる映像の種類はどんな映像でしょうか。」

完全無料で【映像制作】会社に一括お問い合わせ

AIとヒューマニズムが共存する映像制作の未来

 VR空間での視聴をイメージして、映像を作ることにします。面白くって立ち止まって、いつの間にか見入ってしまい、登場人物に感情移入して、結果に共感して感情を動かされることを感動と呼びます。

 VR空間には人が操作しているアバターと、それをAI学習して自動で動き回るAIアバターが混在しています。彼らが感想を述べ合っています。映像はわかりやすいパズルでなくてはなりません。私だけが気づいた映像の本質が、3つか4つあるのがいいでしょう。私はこう思った、僕はこうおもった。そんな会話が映像の質です。それだけ画像の見え方は個人の体験によります。

 結局、未来なんて予想、予測できないのです。自分の作りたい作品をAIの力を借りて、他の人に刺さる映像にする知恵を借りたいというのが、現時点での結論です。実はこの文章は、タイトルを自分で考えて、そのタイトルとChatGPTに入力して小見出しを考えてもらったものです。そして小学生でもわかる文章にしてもらったのが最初の文章です。それ以外を自分の感覚で文章作成しました。まるで、小論文のテストのようなブログ記事作成でしたが、一から自分で構成を考えるより充実した内容になりました。

Contents

PAGE TOP