• 水. 7月 24th, 2024

[ホームページの作り方]中小企業がサイト運営から撮影・SNSまで全部内製化

投稿日:2022年8月12日 最終更新日:2024年1月3日 記事制作:kojo

自社でのホームページ制作が重要な理由

 独立をし会社を経営しようとするとホームページの制作が必要不可欠になります。 自社の製品やサービスを映像化し文章を添えて説明します。 価格付けをすればそれらはカタログのように作用し顧客に正確な情報を伝えることができます。 それらを自ら行う事は時間と労力を消費します。 しかしながらシステムを知っておくことでスピーディーに毎日変化させることが可能になります。 このウェブマーケティング分野に力を注ぐことは、自社サービスをマーケット(市場)に受け入れてもらうための道標となります。

自社でホームページを持つために必要な知識

 最初に認識しなければいけないのは、ホームページを作っただけでは誰も見に来てくれない事実です。 インターネットを触っていると自分自身も感じることですが広告に対する嫌悪感がかなり強いです。 それでもパンデミック後は少しその気持ちも和らいできました。 インターネットで商品を買うのが当たり前になったからです。 関心のある広告は好奇心から見たくなります。 関心がある人に貴社製品を見てもらうために、 顧客層に検索してもらうワードをタイトルとした記事を書く必要があります。記事ができたら、どんどんSNSで発信したり別サイトにリンクを貼ったりしてドメインを強く育てるます。会社の事業別に別サイトをどんどん増やしていき、相互作用でSEO対策してい来ます。どの記事がどんなタイミングで検索上位になりそこからのお客さまが増えるのかは分からないからです。

Header text

  • レンタルサーバー契約とドメイン取得、ワードプレスの導入の知識
  • サイト構造の全体設計
  • 検索順位チェックツールやキーワード選定ツールの利用
  • サイト使用の写真や動画の制作
  • 検索ワード追跡ツールやキーワードツールを使ってサイトの訪問者を増やす施策
  • ダイレクトに顧客層にアプローチ

超絶シンプルなネット広告

写真をとって文章をそえて、顧客に刺さる言葉でタイトルをつけたら、

シンプルな記事になります。スマホでできるSNS投稿に多いパターンです。

飲食店やカフェなどの広告宣伝としてよく見かけます。

ただ、写真のクオリティの問題もあるのが事実です。

せっかくの料理の色が出ていない場合もあります。

やはり、写真と文章のバランスで記事は成り立ちます。

写真、見た目が良くない料理に関心は集まりません。

そこでちょっと写真に注目して見ましょう。

綺麗な写真を撮るための光を意識する

きれいな写真を撮ると言う事は

商品の魅力を顧客にダイレクトにアピールすることです。

3次元の商品を、

2次元でしかも立体的に見せるためのライティングが必要になります。

3次元と言うのは

縦と横、それに奥行きのことです。

それを

縦と横しかないパソコンの画面やスマホの画面で表現しなくてはならないのです。

立体感の表現が重要になります。

色に関してはとても難しいです。

その理由は

それを表示する機材設定の明るさによって色が変わるからです。

またそれを見る場所の環境光でも色が変わります。

もしも厳密にそれをそれを表現するなら、

色の見本のようなものを撮影者と閲覧者が手元に置いた状態で、

同じように映るモニターや環境光の設定をする必要があります。

色には記録色と記憶色があるのです。

せめて撮る側の責任として

質の良い光を被写体に当てて

なるべく正確な情報での撮影をする必要があります。

高演色性(RA-95)のライトを選ぶと良いでしょう。

それでも表現している色の成分に偏りもあるので

太陽光に近いストロボの利用がいいとされています。

光の当て方をライティングという

光には

強さと質と方向があります。

強さは 被写体までの位置と本体にある出力調整で決まります。

質はトレーシングペーパーのような半透明の紙と反射板を使って調整します。

硬い光や柔らかい光は影の出方を左右します。

方向は被写体に効果的に影を落とすことで立体的に表現することができます。

カメラでもスマホでも

ちょっとした位置の違いや角度の違いで写り方が全く変わってしまうので

しっかりと固定できる機材も必要になります。

撮影のノウハウ紹介を中心とした記事群はこちらからご覧いただけます。

ライティングを学び、それを記録するための便利で有益なソフトウエアがあります。

MacかWindowsで使えます。まずは登録なしで15日間使えるお試しダウンロードがおすすめです。

下記バナーより公式ホームページをご覧ください。また、もしも気に入ってご購入の際には

『KOJO-10』とクーポンコード欄に入力すると割引価格になります。

このソフトが大好きで紹介する中で、ちょっとお手伝いすることになりいただいたコードです。

set.a.light 3D - für Fotografen

写真を撮影したら社員さんや家族に見てもらおう

自分が大変な思いをして一生懸命撮った写真と

他の人が見てどんな印象を受けるかは別物です。

会社の先輩や後輩、家族に写真を見てもらいましょう。

そして素直に感想聞きましょう。

その写真を見るのは、

何も考えない、

純粋な視聴者なのです。

Contents

PAGE TOP